PressPad モバイル電子出版

2020年02月号 vol.21

読者を結ぶ自社直販サイトの重要性

2020年02月21日 21:59 by presspad_jp

出版社が自前の直販サイトを持つ事は、大手出版社であってもシステム開発、技術者の確保などが必要で上手く稼働させることはかなり難しい。

増しては、通常の出版社では自社で販売サイトを持つ事は考えられない。 しかしクラウドの技術は、使うだけのサービスの提供を可能にし、100分の1以下のコストでの運用が可能となった。 PressPad社は、月定額で販売手数料の要らない、販売サイトのサービスにより、10万円以下で直販自社サイトを持つ事ができる。 これは書籍の流通の革命をもたらし、いま物販サイトで起きている、ECサイトを通さない、ユーザーとメーカを繋ぐ新たなECポータル企業が急伸している。出版も無料の検索ポータルと直販サイトの組合せに変わる、第二の電子出版革命が起こると確信する。

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号 vol.20

出版社が自社の書籍を直販する事は収益の点だけでなく読者との直接の接点ができ...

2019年10月号 vol.19

人生80年を超えるこれからの生活設計、年金の見込み、健康予防の対応などの将...

2019年08月号 vol.18

大手企業には国内拠点だけでなく海外も含め多くの社員が勤務しており、人員の移...