PressPad モバイル電子出版

2020年02月号 vol.21

読者を結ぶ自社直販サイトの重要性

2020年02月21日 21:59 by presspad_jp

出版社が自前の直販サイトを持つ事は、大手出版社であってもシステム開発、技術者の確保などが必要で上手く稼働させることはかなり難しい。

増しては、通常の出版社では自社で販売サイトを持つ事は考えられない。 しかしクラウドの技術は、使うだけのサービスの提供を可能にし、100分の1以下のコストでの運用が可能となった。 PressPad社は、月定額で販売手数料の要らない、販売サイトのサービスにより、10万円以下で直販自社サイトを持つ事ができる。 これは書籍の流通の革命をもたらし、いま物販サイトで起きている、ECサイトを通さない、ユーザーとメーカを繋ぐ新たなECポータル企業が急伸している。出版も無料の検索ポータルと直販サイトの組合せに変わる、第二の電子出版革命が起こると確信する。

関連記事

COVIDは紙の本に大打撃を与えた

2021年03月号 vol.25

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年03月号 vol.25

COVIDの影響は人の健康面だけでなく、出版業界の構図を大きく変えた。感染...

2020年07月号 vol.23

電子ブックの普及は一昔前の何でもIT化の産物で、多くのアプリがFlashを...